モラルハラスメントの特長とは?他のハラスメントと比較

ハラスメント

モラルハラスメントは、気が付かない所で進行している場合があります。
そもそもモラルハラスメントとは、相手から無視されたり、舌打ちや見下した態度を取られる深刻な問題です。

 

パワーハラスメントやセクシュアルハラスメントと言った種類の問題もありますが、その中では精神的苦痛が一番大きなものだと考えましょう。

 

ここでは、パワーハラスメントの特徴と他のハラスメントの違いについてご紹介したいと思います。

 

モラルハラスメントの特徴を知ろう

 

パワーハラスメントは、よく聞くハラスメントですが日本で生まれた和製英語です。

 

一方でモラルハラスメントとは、海外で生まれた言葉ですから世界的にもモラルハラスメントは、問題視されています

 

モラルハラスメントと言う言葉は、フランスの精神科医であるマリーフランス・イルゴイエンヌ博士が作りました。

 

博士が作ったモラルハラスメントの定義とは、態度や言葉、文章や身振りによって働く人の尊厳や人格を傷つけたり、精神的な傷を負わせてその人の状況や環境を悪くさせることです。

 

周囲だけでなく自分も気づきにくい

 

モラルハラスメントは主に家庭内や職場で起こります。

 

パワーハラスメント同様に精神的な苦痛を受けるのですが、モラルハラスメントは影で密かに行われていたりと、周囲が発見しにくいと言う特徴があるのです。

 

またモラルハラスメントは、自分が全て悪いと思う傾向にあるので、被害者自信が気付かないこともあります。

 

パワーハラスメントとモラルハラスメントの違い

 

パワーハラスメントもモラルハラスメントと同じように、職場などで精神的な苦痛を相手に与えます。
しかし、その決定的な違いは、見えるか見えないかにあるのです。

 

パワーハラスメントの場合、人前で部下を辱めたり大声で怒鳴るなどがあるでしょう。
周囲の人がパワーハラスメントの認識をしてくれるので、助けを求めやすくなります。

 

モラルハラスメントは陰湿で公になりにくい

 

一方でモラルハラスメントの場合には、本人に聞こえるようにわざと悪口を言ったり、気にしているコンプレックスなどを執拗に指摘するような陰湿さがあるのです。

 

家庭内においては、夫が妻に舌打ちや無視、バカにするような態度を取り続けるので、公になりにくい特徴もあります。

 

このようにモラルハラスメントは、自分が手を上げない限り周囲に気づかれにくいでしょう。

 

セクシュアルハラスメントとモラルハラスメントは精神的苦痛が一緒

 

職場の問題で言うと、昔からセクシュアルハラスメントが有名ですね。
セクシュアルハラスメントとは、上司が女性に性的な嫌がらせをすることが主な事例でしょう。

 

精神的苦痛や、職場に行きたくなくなるなどの症状が出ます。
職場と言う一定の環境で起こるので、職場を変えたり訴えることによってセクシュアルハラスメントを回避することが出来るのです。

 

モラルハラスメントは職場だけでなく家庭でも起こる

 

モラルハラスメントの場合には、職場や家庭内で起こります。
精神的苦痛も非常に辛く、精神的に参っているとモラルハラスメントを受けていることにも気が付かなくなると言うのです。

 

モラルハラスメントは、セクシュアルハラスメントと違って家庭内でも起こりますから、逃れにくいと言った特徴も兼ね備えているでしょう。

 

特に陰湿で周りに見えにくいのでなかなか助けてくれる人も出てきません。
本人にとっては、非常に辛い状態が続き、精神的に崩壊していくケースが多くなります。

 

モラルハラスメントはサイレント行為であること

 

セクシュアルハラスメントや、パワーハラスメントと比べて、モラルハラスメントの場合は、総合してサイレント行為だと言うことが分かりますね。

 

影で行われていると言うことです。
無視や、わざとらしい嫌がらせ、その嫌がらせもはっきりと公にはせずに、咳払いや舌打ちなどで相手を苦しめます。

 

常に相手を見下すような態度が著しくなるので、モラルハラスメントを受けている相手が非常に苦しむ結果になるでしょう。

 

被害者は自分がダメな存在だと思い込む

 

モラルハラスメントの被害者は、他人の助けを期待出来ないと言う絶望感を味わいやすくなるのです。
加害者を許せないと思うよりは、自分がダメであると決めつけやすくなります。

 

周囲に分かりにくいサイレント行為であるからこそ、発覚までに時間がかかったり何の策も練ることが出来なくなるのでしょう。

 

他のハラスメントに比べて陰湿であると言う点が、一番の違いになりますね。

 

モラルハラスメントは発覚しにくいことが大きな問題点

 

ハラスメントとは、誰にとっても嫌なものです。
ハラスメントを受けている被害者は、周囲の手を借りたり誰かに相談することによって、徐々に解決の糸口を導き出していきます。

 

しかしモラルハラスメントは、自分が名乗り出ない限り発覚しにくい問題です。
名乗り出たことによって、もっと攻撃が大きくなるかもしれないと言う気持ちから、言い出しにくくなると言います。

 

モラルハラスメントを受け続けていると、自分が自分で居られなくなりおかしな精神状態になるでしょう。

 

  • 思考回路の低下
  • 集中力がなくなる
  • やる気が出ない

などの症状も出ますから、早期に発見したいものですね。