なぜ攻撃的になってしまう?モラルハラスメント加害者の考え方

攻撃的な人

モラルハラスメントについて考える場合には、被害者の気持ちを理解すると共に加害者の考え方や思考についても考える必要があります。

 

モラルハラスメントとは、加害者が被害者を罵ったり、無視をしたり、見下すなどと言う精神的な圧力をかけて追いこむ行為です。

 

その背景には、一体加害者にどのような気持ちがあるのかをここで考えていきましょう。

 

加害者の思い込み

 

モラルハラスメントの加害者とは、人生においての勝ち負けをいつも重視しています。

 

勝つことにこだわっているので、周囲の人間が敵か味方かのどちらしかいなくなってしまうのです。

 

さらに加害者は、対人関係を力関係に例えて表現したがるので、相手によって態度を変えるようになるでしょう。

 

味方にしたい人に対しては、自分と親密になるように仕向けますが、自分より下だと思っている人に対しては態度を一変させるようです。

 

自分に役立つ人間や、尊敬する相手に対しては敵に回さないように配慮していきます。

 

自分の敵だと認識すると危害を加える

 

加害者は、自分に対しての反抗や拒絶が多少であっても、敵意だと受け取るのです。

 

敵だとレッテルを貼られた場合には、徹底的に排除したいと言う気持ちが出てくるでしょう。

 

敵だと言う思い込みから、周囲を巻き込みながら被害者を落としていく作戦に出るようです。

 

言葉で戦います

 

加害者は、一度敵だとみなした人間に対しては直接文句を言ったりはしません。
つまり、見えないような考え方をして会話もしなくなります。

 

話すことが苦手と言うわけではなく、敢えて話さないようにするのです。

 

その態度こそが、自分が相手を嫌いだと言うサインであり、無言の圧力になります。

 

言葉で圧力をかける場合ももちろんあるのですが、まさに言葉巧みに相手を傷つけて罵ることで、優越感を得るのです。

 

言葉の圧力で被害者は疲れ果てる

 

言葉を自分の武器にして、相手を徹底的に追い詰めていくでしょう。
その為被害者は、自分は何も出来ない人間だ、自分が全部悪いと思い込んでいくのです。

 

このような徹底した言葉の罵倒によって、被害者は何も攻撃できないまま、ただただ疲れ果てていくようになります。

 

言葉に一貫性がありません

 

モラルハラスメントの加害者は、言葉に一貫性がないことも特徴です。

 

加害者の思考回路には、ルールはありません。
その場の気分によって、今日は違うけれど明日は違っていない、と言う考えになることがあります。

 

その為に、被害者は加害者の気持ちの予測が難しく、何をしても無視されたり罵られることになるのです。

 

しっかり動けと言われたかと思った次の瞬間には、勝手に動くなと言われるようなものでしょう。

 

被害者が黙ってしまえば、その態度に対して反感を持ち、勝手な想像で嫌な奴だと思い込んでしまうのです。

 

加害者の言葉は、加害者が勝つようにするだけのものであり、正当性や一貫性がないと考えましょう。

 

被害者を追い詰めるほど加害者は優越感に浸る

 

被害者は、常に加害者のことに怯えたり、何もされていなくても胸がドキドキして落ち着かないくらいの精神的なダメージを受けてしまいます。

 

加害者はそのことについては何とも思っていないケースが多いです。
むしろもっと自分の言う事を聞くようにすることだけを強く願っていることもあるでしょう。

 

態度や言葉に一貫性がないので、被害者は態度や言動についてどうすれば良いのかますます分からなくなります。

 

加害者は支配欲がとても強い

 

モラルハラスメントの加害者は、自分より弱いと感じる人に対しては、支配的な態度を取ることが多いのです。

 

自分の権威を安定させることに固執する傾向にあるでしょう。
弱い相手を支配することによって、自分は常に上の立場で居られると考えています。

 

さらに、自分のストレス発散の矛先を被害者に向けたり、自分の居場所を確保する為にもモラルハラスメントを続けていくでしょう。

 

加害者は自分が特別だと思いこんでいる

 

モラルハラスメントの加害者は、自分が特別な存在であると思っていることが多いですね。
自分は偉大で特別な存在であり、才能があると思っていることがあるのです。

 

自分が偉大で、何でも知っているかのように見せることもあるでしょう。
難しい言葉を使ったり、抽象的な表現をするなどして、他の人とは違うことをアピールします。

 

自分についてはあまり話さない代わりに相手の事について聞きだし、被害者をバカにするような態度を取り続けるのです。

 

相手への怒りや不満の気持ちだけが先行するので、被害者自身の感情を理解しにくいのも特徴となります。

 

加害者の自己中心的な考えが被害者を呼び込む

 

このようにモラルハラスメントの加害者とは、自分がより高い位置にいるように見せかけます。
自分より弱いと持っている相手に対しては、とことん精神的に追い詰めていくようです。

 

周囲に対しては、自分が偉大であると言うことを知らしめながら共感してもらうことを望みます。

 

ストレスや疲れ、一方的な不満を被害者にぶちまけることで満足し、さらなるモラルハラスメントを起こすようになるのです。

 

被害者の気持ちについては知ろうともしないので、悪いことをしている、嫌がらせをして傷つけている意識も低いのでしょう。