モラルハラスメント対策まとめ

モラルハラスメントとは何?今さら誰にも聞けない意味と危険性

モラハラ

最近、モラハラと言う言葉をよく耳にしますね。
モラハラとは、モラルハラスメントのことです。

 

モラルは道徳や倫理のことで、ハラスメントとは嫌がらせやいじめのことを指します。
モラハラは、モラルハラスメントの略語として日々の生活に浸透しているのです。

 

フランスの精神科医が提唱した言葉であり、態度や言葉によって相手に精神的なダメージを与えることがモラルハラスメントにあたります。

 

モラルハラスメントは精神的な苦痛があります

 

モラルハラスメントは、暴言や無視、人をバカにする態度が含まれています。
ですからパワーハラスメントと呼ばれる暴力的な嫌がらせ同様に受けた人は苦痛を伴います。

 

モラルハラスメントは周囲に理解されにくい

 

さらに、パワーハラスメントの場合には肉体的な証拠が残りますが、モラルハラスメントの場合には、その証拠が残りにくいので、立証が難しくなるのです。

 

モラルハラスメントを受けていて精神的な苦痛を味わっていても、周囲の理解を得られないなどの難しさがありますね。

 

特に離婚調停においては、モラルハラスメントの有無を調べることで調停が長引くことも多いでしょう。
精神的な嫌がらせが続くと、毎日が辛く鬱状態になるケースもあると言われています。

 

モラルハラスメントの例

 

では、具体的にどのようなことがモラルハラスメントと呼ばれる事例なのかを考えてみましょう。

 

モラルハラスメントは、特に夫婦間で起こることが多いと言います。
加害者が夫で、被害者が妻と言う構成が大体のものです。

 

妻のちょっとした態度やミスに対して夫が激高したり、お前は本当にダメなやつだなどと、毎日のようにののしることがモラルハラスメントにあたります。

 

さらに、言葉だけでなく、舌打ちや溜息、無視など、自分は怒っていると言う態度を無言の圧力で妻にかけることも、立派なモラルハラスメントになるのです。

 

夫婦は常に一緒に行動し、生活を共にしていきますからモラルハラスメントによって精神的に参ってくる人も少なくありません。

 

言葉だけでなく、無視や舌打ちなども積み重なれば心を傷つける問題に発展します
モラルハラスメントを受けている人は、人知れず落ち込んでいる人が多いのです。

 

夫婦の問題は人に相談しにくい

 

また、夫婦間の問題と言うことで、なかなか人に相談しづらいと言うことも、モラルハラスメントを受けている人を苦しめる要因にしているのでしょう。

 

暴力的な言葉を浴びていなくても、無言の圧力などがモラルハラスメントに当たります。
自分の周囲に心当たりがないか考えてみると良いですね。

 

モラルハラスメントに潜む危険性

 

モラルハラスメントが続くと、受けている人は委縮します

 

何をするにも、モラルハラスメントをする人の顔色をうかがうようになって、ビクビクとした生活を送ることになるでしょう。
パニック障害になってしまわないようにご注意ください。→パニック障害まとめ

 

モラルハラスメントの加害者は、被害者に対して自分の思い通りに動く奴隷のように調教していきます。
モラルハラスメントが日常化していくと言う危険性もあります。

 

夫婦間でモラルハラスメントに苦しむことが多いのですが、職場の上司と部下、恋人同士がこのようなモラルハラスメントの問題で苦しむこともありますね。

 

モラルハラスメントを受けるほどダメージが大きくなる

 

モラルハラスメントを受け続けていると、それが当たり前になって、全て自分が悪い気になってしまうのです。

 

すると、自分が被害者であることも忘れてしまうくらいの気持ちで、ただただ沈みがちになるでしょう。
自分が、モラルハラスメントの被害に遭っていないかどうかを確認する必要があります。

 

ハラスメントの種類の中でも精神的な苦痛が大きい

 

ハラスメント、つまり嫌がらせやいじめと言った言葉が広がっていますね。
ハラスメントの中には、セクハラ、パワハラなどがあります。

 

セクハラはセクシュアルハラスメントの略で、性的な嫌がらせを受けることです。
職場の上司などから女性が受けることが多いでしょう。

 

パワハラはパワーハラスメントの略で、上司が部下などに対して職権を乱用して身体的、精神的な苦痛を与えることになります。

身体症状としては、抜け毛が増えたり、自律神経が乱れたり、夜寝れなかったりです。
特に抜け毛は顕著で、こちらのページに抜け毛予防についてご紹介されていますので参考にしてください
→ 抜け毛予防まとめサイト

 

 

モラハラと呼ばれるモラルハラスメントは、身近な相手から四六時中精神的な苦痛を浴びるものです。

神経がすり減ってしまったり、自分らしく出来ないこともあるでしょう。

 

職場で上司から暴言を吐かれた場合には、モラルハラスメントにもなりますしパワーハラスメントにもなりますね。
同僚からの場合には、モラルハラスメントだけでパワーハラスメントにはあたらないことになるのです。

 

モラルハラスメントは、精神的な攻撃を狙った嫌がらせなので、嫌がらせ対策について十分考える必要がありますね。

 

精神的な苦痛が積み重なるほど辛い状況になる

 

モラルハラスメントは、その度合いが大きくても小さくても、精神的な苦痛を受けているのには違いはありません。

 

特に夫婦間のモラルハラスメントは、なかなか避けることが出来ずに、被害者は奴隷のような毎日を送ることになります。

 

精神的に参ってしまっているので、自分がモラルハラスメントの被害にあっていることすら考えられなくなる危険性があるのです。

 

そのような生活が続くと、いつか糸がプッツリ切れたような精神状態になるので、その前に気が付く必要があるでしょう。